雑誌掲載

2008年1月:雑誌原稿より

マンモグラフィ検査と超音波検査の最新情報、進歩したMRI検査 ホルモン受容体と乳がんの関係 、HER2受容体に異常があれば、ハーセプチンが功を奏す、新たな局面に入ったセンチネルリンパ節生検 、個別治療の時代に入った

2007年3月:雑誌原稿より

そもそも乳がんは どこにできる?、温存療法に適したがん適さないがん、乳がんの標準的な治療法とは、より新しい治療法はどう判断する?、では超音波やラジオ波は?、乳がんにかからないようにするには?、コラム 「センチネルリンパ節生検」とは