後期研修カリキュラム


1.目的と特徴

乳腺・内分泌外科

外科後期レジデントローテーションコースのプログラムに則り、各科をローテーションし 手術手技の向上ならびに外科一般の基本的な知識・診療能力・手技を身につけ、後期レジ デント期間に外科専門医を取得するに十分な修練を積むことが第一の目標であると考えて いる。特に当院の外科各科は国内有数の手術症例数を誇っていることから、充実した外科 研修が可能となっている。
特に乳腺外科を専門と志望する場合は、後期 3 年目に乳腺内分泌外科や腫瘍内科、病理診 断などを重点的に研修し、医師 6 年目以降に乳癌学会乳腺認定医・乳腺専門医が取得でき るよう、手術を中心として画像診断・病理診断・薬物療法・緩和医療と幅広く習得できる よう十分な修練を行う。(各学会に所属すること)
将来の進路については本人の希望を重視するが、未定の場合は部長や指導医が相談を受け、 医学博士を含めた各種資格取得など各々が Vision を持ってキャリアを積めるように具体的 な提案を行っている。

2.内容

    研修 資格取得(申請資格)
3年目 (1年次) 後期 レジデント 外科各科 ローテーション マンモグラフィ読影資格取得
4年目 (2年次) 外科各科 ローテーション
5年目 (3年次)

乳腺・内分泌外科
腫瘍内科
病理診断科

4-6月 :外科専門医予備試験申請(満4年)
8月 :筆記試験
10月 :合否通知
6年目 虎の門病院フェローへ進級 または 大学などの他施設 (最近の入局先:東京大学・大阪大学・ 聖マリアンナ医科大学など) 4-6月 :外科専門医認定試験申請(上記+手術経験)
11月 :面接試験
12月 :合否通知
1月 :乳腺認定医申請(外科専門医、認定施設2年)
7年目 6月 :認定医合格通知
7月 :乳腺専門医申請(医師7年目以降、乳癌術者100例、論文1編など)
10月 :乳腺専門医筆記・口頭試問
1-2月 :合格通知

3.到達目標

I 後期レジデント1~2年次(医師3~4年目)の3カ月到達目標 ◎経験することが期待される手術:3 カ月で術者 30-50 例 術者:乳房部分切除術・乳房切除・センチネルリンパ節生検・腋窩リンパ節郭清
(1) 乳癌症例の診断、治療、経過観察の一連に、責任を持って担当できる。
(2) チームの統括的マネージメントが行え、後輩に指導的立場として、各診療の場面でア
ドバイスができる。
(3) 画像診断が出来る:マンモグラフィ読影資格取得(精中委 A-B 判定)、超音波検査実
施、MRI 読影など。
(4) 臨床テーマを中心に学会発表を行い、質疑応答で意見を述べることができる。
(5) 各種研究会・学会に積極的に参加し、医学の進歩にあわせた自己研鑽を行う。
II 後期レジデント3年次・フェロー(医師5~6年目)の到達目標
◎経験することが期待される手術:後期レジデント 1~3 年次で術者 100 例
術者:乳房部分切除術・乳房切除・皮下乳腺全摘・センチネルリンパ節生検・腋窩リンパ 節郭清
(1) 診断・治療においてリーダーとしての任務を遂行し、当科のチームの顔として各職種 (チーム医療)との連携やマネジメントができる。
(2) 外来医として初診患者の診療計画を樹立し手術や薬物療法など責任を持って実行する ことが出来る。
(3) 基本的な病理診断ができる(組織型、異型度などの評価)。
(4) 臨床試験・治験を理解し、患者を担当することが出来る。
(5) 自主研究(臨床試験)を計画し、遂行、学会発表や論文執筆など学術活動を行うとと
もに、後輩の指導・育成ができる。
(6) 国際学会への参加を通し、世界的視野からわが国の情勢を理解できる。
(7) 社会的役割(検診への協力、市民への啓発など)を担い、住民啓発・病診連携・地域
学術講演会などを企画できる。

 

後期レジデント終了後の進路はもちろん御本人が自由に選択する話ですが、基本的には大学入局をお勧めしています。大学院での研究生活、可能であれば海外留学を経験されることは皆さんの将来を大きく開いてくれると思います。大学入局に関しては私の個人的なアト゛ハ゛イスにすぎませんが、東京大学胃食道乳腺内分泌外科(瀬戸泰之教授)、京都大学乳腺外科(戸井雅和教授)、埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科(佐伯俊昭教授)などをお勧めしています。

乳腺専門医育成のためのカリキュラム(後期レジデント)

虎の門病院医学教育部:
 http://www.toranomon-medical-education.jp

カリキュラム各年度の目標
1年目
  1. 乳腺疾患症例の受持ちを担当。臨床および画像診断から、治療方針の決定を提示できる .
  2. 手術では指導医の指導の元、術者としての経験をつむ .
  3. 病理診断を理解でき、術後の治療方針(薬物療法・放射線療法など)を決定できる
  4. EBMおよび患者要望に応じたICを提供できる .
  5. 外来では、受持ち患者の術後経過観察、薬物療法の担当医として、マネージメントできる .
  6. 症例報告を中心に学術集会での発表を行うと同時に論文を仕上げる
2年目
  1. 手術では指導医の指導の元、術者としての経験をつむと同時に後輩の指導を経験する
  2. 外来では、初診患者の診療に責任を持って従事する。
  3. 画像ガイド下インターベンション診断も経験する
  4. 再発症例の治療を担当し、長期の治療プランを立てることができる。
  5. 各患者の社会的背景に合わせた、緩和・終末期医療の実践を、チームの一員としてその役割を担う。
  6. チーム医療を理解し、その中心的役割を担う
  7. 臨床テーマを中心に学術集会での発表を行うと同時に論文を仕上げる。
3年目
  1. 乳癌症例の診断、治療、経過観察の一連に、責任を持って担当できる。
  2. 後輩に指導的立場として、各診療の場面で、アドバイスができる
  3. 常に、トラブル対策が事前に準備できた状況で診療にあたり、トラブル回避の術を習得している
  4. マンモグラフィ読影の資格を取得する(精中委のA判定)
  5. エコー検査で責任を持って診断を行う
  6. 良性疾患の理解とそのマネージメントができる
  7. 臨床試験・治験の患者を担当し、CRFの記載や、それにまつわる法規的事項の理解も深める
  8. 社会的役割(検診への協力、市民への啓発など)を担うことができる
4年目
  1. 乳癌症例の統括的マネージメントができ、乳腺カンファレンスで総合司会を行う
  2. 研修医の指導・監督ができる
  3. 基本的な病理診断ができる(組織型、異型度などの評価)
  4. 臨床テーマを中心に学術活動(発表と論文)。学会では討論に参加し、自らの意見をのべることができる
  5. 各種研究会・学会活動に積極的に参加し、常に医学の進歩にあわせた自己研鑽を行う術を習得する
  6. セカンドオピニオンに適切な説明ができる
  7. 稀な疾患(肉腫・リンパ腫など)や特殊な良性疾患の治療(乳輪下膿瘍・産褥乳腺炎など)の診断、治療計画が立てられる.
5年目
  1. 診断・治療において、リーダーとしての任務を遂行する
  2. 乳腺グループの各職種(チーム医療)との折衝やマネージメントができる
  3. 病院経営にも理解を深め、医療経済的側面から、乳腺臨床の抱える問題点を解決できる
  4. 自主研究(臨床試験)を計画し、遂行できる。
  5. 検診業務への参画(読影医・住民啓発・行政や医師会との折衝・システム精度管理など)
  6. 治験分担医師としての経験を積む
  7. 学術活動(発表と論文)を行うとともに、後輩の指導・育成ができる。
  8. 国際学会への参加を通し、世界的視野からわが国の情勢を理解できる。
  9. 社会的活動(住民啓発・病診連携・地域学術講演会など)を企画できる。

なおこのカリキュラム作成には乳癌領域で日本をリードする国立病院機構大阪医療センター乳腺外科のカリキュラムを参考にさせていただきました